皆様、こんにちは。
先週末パウエルさんは「利上げは時期尚早」と言った。 11/2.3のFOMCに向けてのブラックアウト期間に入る前にそう言い残したという形になる。 今度のFOMCでテーパリング開始は決定されるとの市場は見方をしていると思われますが、そこに来年の早い時期での利上げも入ってこないと更なるドル買いの流れにはつながらないのかもしれません。 ただ、今円を売っているのは投機筋によるところが多く、パウエルさんが何を言おうがFOMCまで後には引けなくなっている可能性もある。 怖いのは溜まっている投機筋による円売りポジションの利確が入りだした時。 下げるときは速いですから、ドル円のロングを持っている方は十分気を付けてほしい。 一度手堅く利確しておいて、再度ロングポジションを持つ方が賢明だと思います。

経済指標



14:00 シンガポール 9月消費者物価指数(CPI)(前年比)
14:00 日本 8月景気一致指数(CI)・改定値
14:00 日本 8月景気先行指数(CI)・改定値
17:00 ドイツ 10月IFO企業景況感指数
20:00 メキシコ 9月失業率

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。