皆さま、こんにちは。
今年もあとわずかですねぇ~。
今年FXを始められた方にとっては初めての年末相場ですよね。
そんな初心者の方にとにかく注意しておいてほしいことはポジションを年越しさせないということです。
2019年の年明け、ドル円はわずか5分で4円近く下落するフラッシュクラッシュというのがありました。

「俺は50pips逆行で逆指値入れてるから大丈夫ですよ~。」
なんて言ってた方も実際に損切りされたのは約150pipsの損のレート。
「なんでやぁ~」
とFX会社に問い合わせても無駄で、なかったことにはしてくれません。
その100pipsの誤差はスプレッド。
年末年始のような市場が薄商い時に起こる急な変動時は国内・国外問わず、どのFX会社もスプレッドは鬼開きしてしまいます。
スプレッドの鬼開きは僕らに対処するすべはなく、ただ枕を濡らすだけとなってしまいます。
じゃぁ、下落側(売り側)にポジション持ってた場合はどうなのかというと、もちろん儲かるのですが、スプレッドが鬼開きしてしまっているので思ったほど利益がのってない。
また、そういう時ってFX会社側もパニックになっているので決済させてくれなかったりする。
凄い不利なレートで損切りはさせてくれるが、大儲けの状況では決済させてくれなかったりするんです。
2019年のフラッシュクラッシュ時にドル円のショートで「400pips獲りましたぁ~!」なんて話は聞いたことなくてですね、せいぜい100pipsちょっとくらい。
年末年始の急変動時は売り側も買い側もスプレッドに泣かせられちゃうのが落ち。
お気を付けくださいね。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。