皆さま、こんにちは。
昨日はロンドン時間で売り込まれていたドル円ですが、NY時間に入り買われ、FOMC政策金利発表で104円手前まで買われたものの、パウエルさんの会見によって急落、103.422でクローズとなりました。
対するユーロドル、ポンドドルは23時から大きく売り込まれましたが、パウエルさんの会見によるドル売りも手助けし上昇。
ユーロドルもポンドドルも今年の高値を更新しています。

今日はですね、、、、
このドル売りの流れとどう向き合うか、、。
ユーロドルはショートしたい気持ちは変わらないのですが、明日18日に大き目のNYカットが1.2250に設定されています。
なんとなくそこは目指す気もするんですよね。
だからといって今更ロングはできないです。
「迷った時はやらない」のが一番なので今日はユーロドルはやめておこうと思います。
そうそう、、イギリスとEUの通商交渉って来週からヨーロッパはクリスマス休暇になっちゃうんで実質明日までの期限となっていますよね。
どうやら市場は通商交渉で合意すると踏んでるようで、ユーロとポンドの買いはその思惑によるものだと思います。
明日合意に至らないならば失望売りが入るでしょうし、合意に至っても内容によっては「思惑買い事実売り」となって急落なんてことも十分あり得る。
なので、ユーロドルかポンドドルのショートは明日以降にとっておこうと思います。
ということで、今日はやっぱりGOLDでスキャルピングかなって思ってます。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。