皆さま、こんにちは。
昨日はECB政策金利発表、ラガルト総裁会見がありましたが、両イベント通過後はユーロ買い。
それに対してクロス円で持ち上げられていた感があったドル円はドル売りユーロ買いの流れに素直に反応し下落となりました。



目立ったところで言うと、昨日はユーロポンドが珍しく大きく動き約133pipsの上昇となった。
つまりはユーロ買いポンド売りという流れが出ていて、ドル売りの流れの中ポンドはユーロに対する売りによって下落という状況になりました。
それと、資源国通貨が現在強く、オージードル、ニュージードルは今年の高値を更新してきた。
資源国通貨が強いのでドルカナダは大きく下落、今年の安値を更新中という感じになっている。
昨日のGOLDに関しては非常に小さい動きとなって、日足で見ればクロス足となりましたので、今日は昨日の高値安値をどちらに抜けてくるかに注目しエントリーを考えたい。
ポンドドルに関しては週末(日曜)まで話し合われる離脱以後の取り決め結果を恐らく月曜の朝に発表すると思われるのですが、それを見越して実質的週末である本日に様々な思惑買い・売りが出てくる可能性があります。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。