皆さま、こんにちは。
先週末ですが、21時過ぎから急なドル売りが入り、ユーロ、ポンド、GOLD、すべてクローズまで値を上げる展開となりました。
ポンドドルに関してはここ最近のレンジの上限1.30051を上抜けしてきていて新たな展開が出てくるかもしれない。
ドル円に関しては高値更新をもくろんだ7日の欧州時間の安値(105.70あたり)を下回ってきています。


普通に考えればユーロ、ポンド、GOLD、に関しては買い目線とするところなのですが、ユーロドル、ポンドドルに関しては先週引いていた30分~1時間足レベルの短期的なチャネルをはっきりとは上抜けていないので、まだこの上昇の勢いを信じられないといった感じです。

GOLDに関しては、この後撮る「FX今日の私のトレード計画」の動画で説明いたしますが、4時間足レベルの下げのチャネルは上抜けていないものの、1時間足レベルでの上昇波に変化が起こりましたのでひょっとするとこの上昇波が長期で続くのかもしれない、、、なんて感じてます。

いずれにせよ、今は米大統領選を控えていて、それに対しての思惑買いや売りが出ている状況。
ただ、そんな思惑は大統領選に関してのヘッドラインニュースやトランプのツィッターで崩れてしまう。

トランプさんはコロナ陽性反応発覚から見事な復活を見せたように見えるのですが、未承認のウィルス治療薬を使いステロイドも投与したことで民主党の議員から「まっとうな意識状態ではない」的なことを指摘されている。
正常な意識状態ではない場合はですね、なにやら「憲法修正第25条第4項」というのに引っかかるのだそうです。
その場合は副大統領が代行することになるんだそうですが、、、
つまりはですね、「わけわからん薬使ってる奴に大統領の仕事させてていいのんか?」ってことですよね。

そんなんでですね、今は本当に中長期でポジション持つのが怖いんですよ。
いつ相場の流れがひっくり返るかわからん、、、。
なので今週もスキャルピングでコツコツといきます。

2020.10.12 経済指標



*米市場休み

08:50 日本    8月機械受注(前年同月比)
08:50 日本    8月機械受注(前月比)
08:50 日本    9月国内企業物価指数(前年同月比)
08:50 日本    9月国内企業物価指数(前月比)
15:00 ドイツ   9月卸売物価指数(WPI)(前月比)
16:00 トルコ   7月失業率
16:00 トルコ   8月経常収支
20:00 メキシコ  8月鉱工業生産(前月比)
20:00 ユーロ圏  ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
21:00 インド   8月鉱工業生産(前年同月比)
25:00 英国    ベイリー英中銀(BOE)総裁、発言



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。