2019.06.21 今日のFXスキャルピング・デイトレードの情報になります。


皆さま、こんにちは。
いやぁ~、、
昨日はきつかった、、、。
早い時間、GOLDでサクッと10万くらい稼げたのですが、夜にロングしたドルカナダ、、、
ドル売りの勢いは強く、久しぶりにナンピン4発、計5発(500万通貨)で数時間耐えた。
含み損は100万を超え、「やっちまった、、」という言葉が頭の中を駆け巡っていた。
結果は何とか助かり、GOLDと合わせプラス46万で終えれました。


それにしてもドル売りの勢いが強い。
早期利下げ観測、弱い指標、イランとの軍事衝突、、、
先日、米中の会談が予定されたことによる安堵感から米ドルは持ち直す場面も見られましたが、市場は再び緊張状態へと移行してしまった。 
この状況からですね、米中でのなんかネガティブなニュースが出たら恐ろしいことになりそう。
13:30現在、ドル円はなんとか107円台を保ってるが、106円・105円台も視野に入ってきてしまってます。
昨日チャート見てて思ったのが、、、「新規で為替を売り買いしてる人がいない」ということ。
(もちろん多少はいると思います。)
なんかですね、ローソクの動きはまったりとしてるんですよ、でも、レートはジワジワと一方向に向かって動いていく、、、。
これね、、、小口の損切りが入り続けてるイメージです。
こういうのって怖いんです。
ヘッジファンドとかによる「仕掛け」の動きではなくて、一般大衆の心理「地合い」ってやつなんで。

ヘッジファンドとかの仕掛けによって相場が大きく動くことってよくありますが、これは小口の損切りを引っかけて動いていくパターンが多いようです。
ただね、、、、
う~んと、昨日のドルスイス1時間足見て下さい。
そんなに長くない陰線が連続してますよね、、。
これ、、、小口の買い方が損切りしてレートが下がると、下にいた小口の買い方がまた損切りする。
損切りするからまたレートが下がり、さらに下にいた小口の買い方が損切り、、、またレートが下がる、、みたいなのを繰り返した動きだと思います。

普通これだけ下げたチャートを見れば、「相当売りのポジションが溜まったな!」みたいに僕は思うのですが、この下げは「買いポジションを切っただけ」の動きなんではないかと思うのです。
なので、売り方の利確とかはあまり入らない、、新規の買いが入らないと上がらない、、、みたいなイメージを持ってます。
新規の買いが入りだすには、それ相当のファンダメンタル的要素がないとダメだと思います。

逆張り派の僕としては、この「地合い」ってのが凄く怖い。
静に静に含み損が増えていき、気が付いたら大変なことになってたなんてパターンにはまることがある。

こういう時は、地合いが入ってきてなさそうな通貨ペアを狙って取引することにしてます。
最近、凄く気に入っているのですが、為替じゃなくてGOLDなんかいいかもです。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。